脳性まひと言語の問題

脳性まひと言語の問題

言語は私たちが考える手段であり、思考を内面的に記号化したものである

そして、話し言葉は私たちが伝達したいと思うことを伝えてくれる1つの方法つまり“媒体”である。

そのほかにも私たちの内部言語を表現する媒体には、書くこと、モールス符号、手話などがある。

大切なのは内部言語とそれを伝える適切な媒体をもつことである。


脳性まひ児のなかには、音づくりをコントロールする筋肉を動かすことがとても困難な子どもがいる。

これは特にアテトーゼ型脳性まひの子どもに多く、彼らは場合によってはとても優れた内面言語をもっていて、自分の言いたいことが正確にわかっているのにもかかわらず、それをしゃべれないのである。

かなり多くの脳性まひ児では話し言葉も言語も遅れる。

さらに、話し言葉の発達に問題を抱えているものも少数ながらいる。

脳性麻痺カテゴリの最新記事