rehabilidata

1/20ページ
  • 2019.09.19

脳性まひとてんかん

脳性まひ児は、人生のいつの時点かにひきつけ発作を起こす可能性が、ほかの子どもより高いようである。 この発作は、脳性まひの人の約半分で起こる。 新生児けいれんを起こしやすい赤ちゃんもいる。 一方、幼少期に1、2回の発作を起こし、たいしたこともなくすんでしまう脳性まひ児も何人もいる。 いろいろなタイプの発作があるが、現在では古い用語である“大発作”と“小発作”はもっと専門的な説 […]

  • 2019.09.19

脳性まひと言語の問題

言語は私たちが考える手段であり、思考を内面的に記号化したものである そして、話し言葉は私たちが伝達したいと思うことを伝えてくれる1つの方法つまり“媒体”である。 そのほかにも私たちの内部言語を表現する媒体には、書くこと、モールス符号、手話などがある。 大切なのは内部言語とそれを伝える適切な媒体をもつことである。 脳性まひ児のなかには、音づくりをコントロールする筋肉を動かすことがとても困 […]

  • 2019.09.19

脳性まひと聴覚障害

脳性まひ児では、耳からの神経と、音の信号を読み取る脳の部分とが損傷を受けていることがある。 何年も前には、アテトーゼ型脳性まひがRh型溶血性疾患(新生児黄疸)を伴っており、聴覚障害はもっとありふれたものであった。 耳からの神経と聴力にかかわる脳部分が侵される聴覚障害は、“感音性”聴覚損失と呼ばれている。 それは、感染症(よく知られている耳だれ:急性中耳炎)が原因で一般の子どもに起こりが […]

  • 2019.09.19

脳性まひと視覚障害

割合は小さいが脳性まひ児のなかには、目からの信号を最初に読み取る脳の部分と目とをつなぐ神経が損傷されている子どもがいる。このため、その子たちは目が見えない。 また一方では、それほどありふれたことではないのだが運動コントロールの障害として、しばしば眼筋が侵されるために、脳性まひ児はとても斜視になりやすいのである。 これは、脳性まひ児の半数にまで起こる可能性がある。 斜視は早くから注意する必要があり、 […]

  • 2019.09.18

脳性まひの原因は何か。

ビクトリア朝時代(19世紀)には脳性まひの原因について2つの大きな学説があった。 1つは、偉大な精神分析学者であるSigmundFreudが精神医学に取りかかる以前に、部分的に提言したものである。 彼は、子どもの出生以前にその脳が発達していく途上で、脳組織に破壊が起こったと考えた。 ビクトリア朝時代のもう1人の偉大な人物で、整形外科医であるWilliarnLittleは、損傷は出生時、分娩の過程で […]

1 20