脳性まひと視覚障害

脳性まひと視覚障害


割合は小さいが脳性まひ児のなかには、目からの信号を最初に読み取る脳の部分と目とをつなぐ神経が損傷されている子どもがいる。このため、その子たちは目が見えない。

また一方では、それほどありふれたことではないのだが運動コントロールの障害として、しばしば眼筋が侵されるために、脳性まひ児はとても斜視になりやすいのである。

これは、脳性まひ児の半数にまで起こる可能性がある。

斜視は早くから注意する必要があり、非常に小さな手術か、時には眼帯法(アイパッチ)でも矯正する。

加えて、小さな赤ちゃんは近視になりやすいので、これを矯正するために脳性まひ児のかなり多くの子どもに眼鏡が必要になる。

どこに障害があるかによって、ほかの障害はできるだけ効果的に処置することがとても重要である。

脳性まひ児にとっては、眼科医から視覚について問題がないという評価を得ておくことは必要不可欠なことである。

脳性麻痺カテゴリの最新記事