意識障害の評価(JCS,GCS)

意識障害の評価(JCS,GCS)

意識障害の評価には、JCS(Japan Coma Scale)とGCS(Glasgow Coma Scale)の2つのスケールが用いられています。

JCS(Japan Coma Scale)は、意識を覚醒の状態により分類されています。JCSは簡便で医師以外でも理解しやすい特徴をもちます。

GCS(Glasgow Coma Scale)は、意識を覚醒度、言語反応、運動反応の3つの要素で評価します。CCSは、全体的評価として各項目の合計点を用いるために、同じ総得点になる組み合わせが存在し、病態把握が困難になるという問題があります。

JCS(Japan Coma Scale)

Ⅰ. 刺激しないでも覚醒している状態(1桁の点数で表現)

(senselessness、confusion、delirium)

1.

意識清明とは言えない

2.

見当識障害がある

3.

自分の名前、生年月日が言えない
Ⅱ. 刺激すると覚醒する状態(2桁の点数で表現)

(somnolence、drowsiness、hypersomnia、stupor、lethargy)

10.

普通の呼びかけで容易に開眼する

20.

大きな声または体を揺さぶることにより開眼する

30.

痛み刺激を加えつつ呼びかけを繰り返すと辛うじて開眼する
Ⅲ. 刺激をしても覚醒しない状態(3桁の点数で表現)

(semicoma、coma、deep coma)

100.

痛み刺激に対し、払いのけるような動作をする

200.

痛み刺激で少し手足を動かしたり顔をしかめる

300.

痛み刺激に全く反応しない

Glasgow Coma Scale(GCS)

1.開眼(eye opening、E) E

自発的に開眼

呼びかけにより開眼

痛み刺激により開眼

なし

2.最良言語反応(best verbal response、V) V

見当識あり

混乱した会話

不適当な発語

理解不明の音声

なし

3.最良運動反応(best motor response、M) M

命令に応じて可

疼痛部へ

逃避反応として

異常な屈曲運動

伸展反応(除脳姿勢)

なし

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。