代表的な反射の統合レベルとバランス反応例

代表的な反射の統合レベル

大脳皮質レベル

眼からの立ち直り反射、バランス反応、把握反応

中脳レベル

迷路からの立ち直り反射、頸 ・体幹からの立ち直り反射

橋・延髄レベル

緊張性頸反射、緊張性迷路反射

脊髄レベル

陽性支持反応、陰性支持反応、伸張反射、屈曲反射、交叉性伸展反射、交叉性屈曲反射

バランス反応の例

足踏み反射

両足に体重をかけた立位保持にて、一方向から押されると一歩足を踏み出しバランスをとろうとする反応のことをいいます。

跳び直り反応

片足立位を保持しているとき、支持脚のほうに急に押すと、持脚の足で飛び跳ねてバランスをとろうとする反応のことをいいます。

シーソー反応

片足立位で下肢挙上側に下肢を引くと,挙上している下肢に伸展運動が起こり、両足で支える反応のことをいいます。

傾斜反応

回転性の加速度により、身体のバランスが崩れるときの反応のことをいいます 四つ這い位、座位、立位などで床面を傾けた際の頭部体 幹の反応を観察します。

防御反応

身体が水平方向に動かされたときの直線方向の加速度が刺激となってて起こる反応のことをいいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。