変形性関節症の評価

  • 2017.08.02

変形性関節症に対する評価

変形性関節症の概要 変形性関節症は、関節の変性と摩耗と増殖が混在する炎症性、進行性疾患です。原疾患が明らかでない一次性関節症と、基礎疾患に基づく二次性関節症があります。 変性した関節は骨組織が露呈して関節辺縁では骨が増殖 して関節変形をきたします。変形性股関節症では90%以上が二次性関節症で、その原因で多いものは先天性股関節脱臼、臼蓋形成不全などです。発症のビークは50歳代で、関節の運動制限と疼痛 […]