rehabilidata

2/20ページ
  • 2019.09.18

脳性まひのタイプについて

大まかにいえば脳性まひには2種類ある。主として手足が弱くて硬直がみられるもの(痙直型)と、意図しないのに勝手に手足が動くもの (不随意運動)である。 後者はアテトーゼ型や時にはジスキネジア型脳性まひと呼ばれる。 別の意図しないのに勝手に動く群は、運動失調型(運動を協調させることができない)の脳性まひ児にみられる。 アテトーゼ型の子どもの場合、じっと座っていようとしても絶え間ない不随意運動が現れ、こ […]

  • 2019.07.12

注意障害の訓練教材プリント(無料サンプル付き)

このたび、リハビリDATA管理人が、新たに注意障害などの訓練教材サイトの運営を始めました。 ↓↓↓↓↓↓↓ シニアプリント ↑↑↑↑↑↑↑ サンプルは、無料でダウンロードすることができます。ファイル形式はPDFです。 試しに使用してみて、良さそうでしたらご購入(プレミアム会員登録)を検討して頂けたらと思います。 クレジットカードで簡単に決済し購入(登録)することができます。 左右数字比べ 20枚 […]

失語症の訓練教材プリント(サンプル付き)

このたび、リハビリDATA管理人が、新たに失語症などの訓練教材サイトの運営を始めました。 ↓↓↓↓↓↓↓ シニアプリント ↑↑↑↑↑↑↑ サンプルは、無料でダウンロードすることができます。ファイル形式はPDFです。 試しに使用してみて、良さそうでしたらご購入(プレミアム会員登録)を検討して頂けたらと思います。 クレジットカードで簡単に決済し購入(登録)することができます。 説明文に該当する名詞を選 […]

  • 2018.08.13

発話明瞭度の評価尺度と自然度の評価尺度について

発話明瞭度の評価尺度 1 よくわかる 1.5 1と2の間 2 ときどきわからない語がある 2.5 2と3の間 3 聞き手が話題を知っていればわかる 3.5 3と4の間 4 ときどきわかる語がある 4.5 4と5の間 5 全くの了解不能 発話の自然度の評価尺度 1 全くの自然である(不自然な要素がない) 2 やや不自然な要素がある 3 明らかに不自然である 4 顕著に不自然である 5 全く不自然であ […]

  • 2018.07.16

子供の発音が悪いと思ったら、「子供が発音しやすい環境」を作ることが大切!言語聴覚士が解説!

発音は早くはっきりする子供と、遅くまでかかる子供がいます。 発音の発達には個人差が大きいです。 一歳代で大人顔負けにはっきりしている子供もいれば、4歳を過ぎてもむにゃむにゃの子供もいます。 学校に入る頃には大抵の子は日本語五十音がはっきりしてきます。 字が読めるようになる9歳頃にはほとんどの子が正しい発音になります。 発音は身体全体の動きと一緒に育ちます。 赤ちゃんは最初全身がバタバタ一緒に動いて […]

1 2 20