Zancolli(ザンコリ)の上肢機能分類

Zancolli(ザンコリ)の上肢機能分類とは

Zancolli(ザンコリ)の上肢機能分類は、頸髄損傷者の上肢残存機能からみた分類です。各髄節を残存する筋に応じて詳細に分類したものになります。 頚髄損傷者にリハビリでADL(日常生活動作)訓練を行う場合には、損傷レベルにより到達目標がことなるためZancolliの上肢機能分類を参考にしてADL(日常性活動)訓練を行われることが多いです。

Zancolliの上肢機能分類

Ⅰ群

可能な動作:肘曲げ

レベル:C5

主な筋肉名:上腕二頭筋、上腕筋

分類の詳細

A 前腕にある肘を曲げる筋が弱い C5A(IA)

B 前腕にある肘を曲げる筋が強い C5B(IB)

Ⅱ群

可能な動作:手首を手の甲の方に持ち上げる

レベル:C6

主な筋肉名:長・短撓側手根伸筋

分類の詳細

A 手首を手の甲の方に上げるのは可能だが弱い C6A(IA)

B1 手首を手の甲の方に上げる力が強いが、下記のカは十分ではない C6Bl(ⅡB1)

B2 手首を手の甲の方に上げる力が強い。前腕を内側に捻る事が可能 C6B2(ⅡB2)

B3 手首を手の甲の方に上げる力が強い。さらに、手首を手の平側へ曲げる力と、肘を伸ばす力がある(一般にはC7レベルとなります) C6B3(ⅡB3)

Ⅲ群

可能な動作:指を伸ばす レベル:C7

主な筋肉名:総指伸筋、小指伸筋、尺側手指伸筋

分類の詳細

A 小指側の指が伸ばせる C7A(ⅢA)

B 全ての指が伸ばせる C7B(ⅢB)

Ⅳ群

可能な動作:指を曲げる

レベル:C8

主な筋肉名:深指屈筋、固有示指伸筋、長母指伸筋、尺側手根屈筋

分類の詳細

A 小指側の指が曲げられる C8A(ⅣA)

B 全ての指が曲げられる C8B(ⅣB)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。