反復唾液嚥下テスト(RSST)

反復唾液嚥下テスト(RSST)とは

反復唾液嚥下テスト(Repetitive saliva swallowing test;RSST)は、誤嚥の有無を判定するスクリーニングテストです。 対象者は簡単な指示に従える認知機能を有した患者となります。 主に、評価者は言語聴覚士、看護師、医師が行います。

反復唾液嚥下テスト(RSST)の評価の方法

反復唾液嚥下テスト(以下、RSST)は一定時間内(30秒間)に嚥下運動を反復させ、触診で喉頭挙上を確認し、その回数で嚥下障害を見つける簡便かつ安全なスクリーニング方法の一つです

準備するもの

ストップウオッチ

手順

  1. 評価者が第2指(人差し指)で被検者の舌骨を、第3指(中指)で甲状軟骨を触知し、軽く指腹を当てます。
  2. その状態で「これから30秒間に、できるだけ多く何回も何回もつばを飲み込んでください」と患者に指示し、ストップウォッチをスタートさせ、30秒間に何回空嚥下(唾を飲み込むこと)できるかを観察します。

判定

空嚥下をした際に甲状軟骨が指を十分に乗り越えた場合のみ、1回とカウントします。そして、30秒間で嚥下の回数が3回未満であれば誤嚥の疑いありと判断します。

嚥下障害者では、RSSTをすると嚥下の繰り返しに要する時間が延長すると報告されています。感度0.98、特異度0.66と報告されており、30秒間に空嚥下3回以上の成績であれば、誤嚥の可能性は非常に低いといえます。 しかし、3回未満の成績のなかにも健常者がいる可能性があるので、注意しなければなりません。

対象者

対象者は、自ら唾液を飲むことができ、それを繰り返そうと努力できる認知機能を有した方です。 重度の認知症や注意障害の方は、自ら唾液を飲めても、それを30秒間繰り返す努力ができない場合があります。 また、重度の意識障害の方は指示が理解できなかったり、口腔顔面失行があると意図的に唾液を飲み込めないことが多いため、このような方は反復唾液嚥下テスト(RSST)の対象外となります。

反復唾液嚥下テスト(RSST)の注意点

  • 反復唾液嚥下テスト(RSST)はあくまでスクリーニングテストです。 30秒間に空嚥下が3回未満の場合は、病歴や、身体所見を確認し、そのうえで必要な場合には嚥下造影検査(VF;videofluoroscopy)や嚥下内視鏡検査(VE;videoendoscopy)を行うようにします。 VFやVEといった設備がない場合は、その他の摂食・嚥下障害スクリーニングテストの結果を踏まえて治療方針を決定するという手順が、適当と考えられます。
  • 反復唾液嚥下テスト(RSST)は、空嚥下を行うだけですが、唾液の誤嚥の可能性を考慮して実施前に口腔ケアを行ったほうが良いです。口腔内が乾燥している場合は、空嚥下が難しいため、口腔ケア等で、適度に口腔内を湿らせた後に実施するようにします。
  • 反復唾液嚥下テスト(RSST)で、報告されている感度、特異度は、原法を30秒間実施した結果となります。時間を短縮すると報告されている感度、特異度が適用できなくなるため、30秒間必ず実施する必要があります。。後半、嚥下反射が少なくなる原因としては嚥下障害、口腔内乾燥、注意障害などさまざまな原因が考えられるので、詳細な病歴、身体所見を確認し、ほかの評価結果と照らし合わせて検討するようにします。
  • 空嚥下をしようと努力したとき、舌骨・喉頭がわずかに挙上することがあり、それをカウントしないように注意が必要があります。甲状軟骨が指を十分に乗り超えた回数のみをカウントするようにします。

反復唾液嚥下テスト(RSST)のメリットとデメリット

メリット

メリットとしては、嚥下障害のスクリーニングテストのなかでは最も簡便かつ安全で、すべての環境下で行うことができる点です。

デメリット

デメリットとしては、随意的な嚥下反射惹起が必要なため、簡単な指示に従えない認知機能の低下した患者では難しい点です。

参考動画

参考文献

1) 小口和代ほか.機能的嚥下障害スクリーニングテスト「反復唾液嚥下テスト」(the Repetitive Saliva Swallowing Test:RSST)の検討:(2)妥当性の検討.リハビリテーション医学会誌.37(6),2000,383-8

2) 小口和代ほか.機能的嚥下障害スクリーニングテスト「反復唾液嚥下テスト」(the Repetitive Saliva Swallowing Test:RSST)の検討(1)正常値の検討 . 前掲書 1).375-82.

3) 戸原玄.“ 各種スクリーニングテスト ”.摂食・嚥下リハビリテーション.第 2 版.才藤栄一ほか監.東京,医歯薬出版,2007,137.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。