脳卒中の評価

  • 2017.02.13

SIAS 脳卒中機能評価法

SIAS 脳卒中機能評価法とは SIAS(Stroke impairment assessment set,SIAS,サイアス)は、脳卒中患者の機能障害を総合的に把握するために行われる評価法です。 主に医師、理学療法士、作業療法士が、ベッドサイドや訓練室で評価します。 対象者は脳卒中患者となります。 SIAS は、9 種類 22 項目から成り、各項目 3 あるいは 5 点満点、合計 76 点で評価 […]

  • 2017.02.04

NIHSS 脳卒中の評価

NIHSSとは NIHSSは、脳卒中患者の病態を客観的に評価する検査です。 脳卒中急性期の重症度評価法として、世界中で使用されており、組織プラスミノーゲンアクチベーター(t-PA)の静脈内投与の成績と NIHSS の点数が相関しており、t-PA 投与の必須観察事項となっています。 評価の対象者は脳出血や脳梗塞などの脳卒中患者となります。 評価は、主に医師、看護師が行います。 評価の方法 評価時の注 […]